スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国産ピアノ・輸入ピアノの違い。

昨今の円高傾向もあり、本格的輸入ピアノが大変好調です。
今週も、メーカーより新入荷・お客様への納品準備があり、
ピアノ専門の運送業者さんとも、打ち合わせをしました。

杉田楽器店ショールームには国産ピアノ輸入ピアノともに、
様々なメーカーブランドを用意しておりますが、
輸入ピアノをお選びになるみなさんが、
これだけ多くなったのはびっくりです。
ありがたい事です。

ただ、杉田楽器は良い面・悪い面共に知っていただいた上で、
納得出来るピアノ選びをして欲しい、と常々思っております。
そこで、あえて輸入ピアノの欠点もご紹介したいと思います。

ピアノはハープシコード(チェンバロ)などの古典鍵盤楽器から、
進化して来た歴史のある楽器ですので、本場はヨーロッパですが、
湿度・温度変化などの、自然環境にも影響を受ける楽器ですので、
急激な温度・湿度変化にさらされない状態が望ましいと言えます。
しかしながら、ピアノはかなりの重量物なので、船便による運送、
赤道回り航路がよく利用されるので、現地でのコンディションが、
国内入荷後に、大きく変化してしまう事もよくあります。
この点で運送形態と国内入荷後のメンテナンス関係が重要ですが、
必ずしも、全ての輸入ピアノメーカー・取扱業者などが、
お客様に届くまでの全段階で、十分な配慮をしておらず、
また納入段階まで、一貫したメンテナンス方針がないため、
十分な基本性能を発揮していないケースも、少なくないです。


特に、国内入荷後のピアノの維持管理は非常に重要です。
この点杉田楽器では、ショールームの温度湿度管理等を、
随時行うため、休みの日でも、柔軟に対応出来るように、
自宅と事務所に隣接した、それぞれの両ショールームを、
ピアノをはじめとする、楽器の保管に最適な空間にして、
(休日も冷暖房完備はもちろん、床材・壁材も重要です)
その中でほとんどのピアノメンテナンスが出来るように、
こだわりのメンテナンス空間を作っています。

最近は、直輸入される輸入ピアノでは梱包技術の進歩で、
国内で梱包を解いた直後は特に問題のないピアノもあり、
おそらくこれが国内メンテナンス軽視の一因かも知れず、
創業から100年以上の歴史がある杉田楽器店としては、
少し残念な気持ちがしているのですが、数ヶ月後の状態、
数年後の状態を見れば、納品前に適切な環境で管理され、
それが維持されたピアノと、そうでないピアノの違いは、
大きな違いとなるので、手間やコストを惜しまず、
これからもがんばっていきたいと思います。

はるばる外国から、日本のみなさんのためにやって来た、
輸入ピアノが日本に来て、良い環境・技術者と出会い、
現地や国内入荷直後より、どんどん良くなっていくのは、
素晴らしい事だと思いませんか?

杉田楽器店長でした。






スポンサーサイト

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽

タグ : ショールーム 輸入ピアノ 国産ピアノ 楽器

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

杉田楽器店長

Author:杉田楽器店長
埼玉県東松山市にある楽器専門店杉田楽器店の店長ブログです。ピアノ・電子ピアノ・エレクトーン・フルート・クラリネット・サックス・トランペット・バイオリン・チェロ、ピアニカ・リコーダー等も楽器全般を取扱っています。

リンク

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。